“r”を発音するときは犬の唸り声をイメージしてみよう!

英語の発音でよく聞くのが"r"と"l"の発音の違いだと思います。
"l"の発音は、日本人にとっては比較的発音しやすいと思います。
なぜなら、"la"という英語は""とほぼほぼ同じ発音だからです。
では"r"はどうでしょう?

よく言われる"r"の発音方法

中学生(もしかしたら小学生も)の時、"r"の発音をする際、こういった指導を受けた方も多いと思います。
「"r"を発音する場合は舌を巻いて…」って…
この表現って結構理解するの難しい気がします。
そもそも実生活の中で舌を巻くという経験ってあるのでしょうか?
私はアカペラをやっていたので、練習の時タングロールっていう舌を巻きながら息を均等に吐く練習はしていたんですが、
もし歌ったりしていなければ、舌を巻いたりすることなんてなかったと思います。
蛇とか出ない限り舌を巻く機会ってそうそうないのでイメージしづらいですね。
そもそも…巻き舌で"r"の発音は出せません☆

よく図解イメージで描かれる発音方法

口を描いて舌の位置が"l"と"r"でどう違うのか、っていう説明の元に描かれるイラストは
ネットで調べた時に見つけることが多いと思います。
まだ巻き舌っていう説明をされている方よりはわかりやすいとは思います。
"l"は舌を前歯の後ろにつける、"r"は舌をどこにもつけずに後ろに引っ込める…
確かにその説明で十分ではあるのですが、如何せんイメージできなかったり、
ネイティブスピーカーが近くにいない状況でその説明だけでは、本当に合っているのかと不安になるかもしれません。

イメージは犬の唸り声で

さて、上に話した通り、"r"の発音は、舌をどこにもつけず、奥に引っ込めるという状態なんですが、
この状態って、犬の唸り声を人間が出すイメージに似ているような気がします。
一回犬になったつもりで、威嚇する唸り声を出してみてください。
舌の位置、奥に入りきっていませんか?
舌が奥に入っていない場合は、舌を奥に引っ込めてから唸り声を出すのもアリかと思います。
その状態で、吠えてください。本来なら「ワン!」って感じだと思うんですが、
今回は英語の発音の練習なので、"r"を意識して吠えてみてください♪
「うurrrrr...ra!」って感じで勢いよく言ってみてください。
どうでしょう?おそらくその時に出ている音は"r"に近い発音だと思います。
この調子で、"r"のつく単語を言ってみましょう〜
「rrr...run !!」
「rrr...rough !!」
「rrr...rain !!」
...どうでしょう?
少しは"r"のイメージができたでしょうか?

"r"の発音に迷ったら是非犬の唸り声をイメージしてみてくださいね♪